夏の1dayワークショップ

6月のワークショップが終わってから久々に師匠のワークショップに参加しました。
詳細はこちら。

最初にカメラの基本のお話。
でも忘れていることも多くて、以前のテキストとノートを見返してふむふむ。
時折、習ったことをきちんと振り返ることも必要ですね。

e0129932_20451526.jpg









持ってきた被写体は師匠のブログに掲載されているのでだぶりますが、
レフあり、レフなしの違いは一目瞭然。

e0129932_20554974.jpge0129932_20562319.jpg


持ってきた手袋はどう撮ってよいかわからなかったから。
真上からこんな感じで撮ってみる。ちょっとクリスマスちっく。
e0129932_20584266.jpg


そして師匠が決めた構図を三脚で撮ってみる。
e0129932_20592048.jpg


e0129932_22121996.jpg anjieさんの青いお花はとっても難しい。

あまりにもビビットなので師匠のアドバイスで仕上がり設定を「鮮やかに=>ソフトに」に変えてみる。
e0129932_2215490.jpg


e0129932_22185794.jpg
とってもcuteな靴を持ってこられたtokyoshoegirl2さん
ただ置いてみるのではなくて 
バックはリボンに合わせてyellowをチョイス。
うん、元気がでてpopな感じがいいかも。

師匠がこんな感じかなとセッティングして
私は自分のレンズめいっぱい、55mmで撮ってみる。
e0129932_22212126.jpg


”難しいものは後ね”と言われて終盤に持ち込まれたスノーマン。
初めての海外旅行 パリでどうしても欲しくて、大事に大事にくるんで機内持ち込みして
持ち帰った大切なもの。これもどうやって撮ってよいのやら...

e0129932_22275744.jpg

目があるものは目にピントを合わせましょう。 かわいい写真は師匠のブログをご覧くださいませ。

最後は擬似的に昼間を作り出すべく照明を使っていくつか。
e0129932_22303747.jpg

ライト一つにしても明るさが全然違って、プロならではのコツが見られるのはこのワークショップならでは。
vega-goldenさんのGODIVAもなんだかとってもおしゃれ。
レフ版の隙間から光を差し込ませる演出はこうなんだと後でメモりました。

最後にと思いついて、やっぱりペン。
夜使うと自分で勝手に決めているキラキラがお気に入り。
スノーマンより撮りやすいけどと映り込みを消すべく師匠が白い布を取り出して
ささっと構図を決めました。
e0129932_22375527.jpg

WBも蛍光灯にするとほら。また幻想的で違う写真に変わります。
e0129932_22401471.jpg


師匠、今回も長時間の説明をありがとうございました。
三脚がいまいち使いこなせていませんが、それも慣れればとても便利だと思います。
レンズより三脚をまずは買うことに決めました。

そしてご一緒したanjieさんtokyoshoegirl2さんsignaleightさんvega-goldenさん、ありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしています。

最後に......とってもかわいいので撮っちゃった。緑好きにはたまりませ~ん!
e0129932_22501250.jpg


※2008/8/25 リンク先誤りにつき、一部修正しました。

[PR]
by fraisechocolat | 2008-08-24 23:02 | workshop
<< 滑り込みで母作です request >>